舛添要一は韓国からの帰化人?創価学会員なの?婚外子で女性スキャンダル!

スポンサードリンク
LINEで送る

 

 

東京都知事選で当選当確となった舛添要一さん。

 

 

masuzoe

 

 

舛添要一さんは自民党厚生労働大臣を務めていたことでも有名な方ですよね。

 

 

今回はそんな舛添要一さんについて紹介したいと思います。

 

 

 

 

まずは舛添要一さんが韓国から帰化したといううわさについて。

 

 

なにやらネットで舛添要一さんは韓国人帰化した、在日朝鮮人だという情報が流れていました。

 

 

気になったので調べてみたところ、どうやら韓国から帰化したということはなさそうです。

 

 

ではなぜ韓国から帰化したという情報が流れたのかといいますと、どうやら舛添要一さんの言動が原因のようです。

 

 

例えば、舛添要一さんが卓上に置かれていた日本国旗を「これ邪魔でしょ」と言ってどかせたり、金融機関は低利で在日韓国人らにも融資すべきだと発言したり、外国人参政権に賛成したり・・・。

 

 

こういったことが原因で韓国から帰化した。在日朝鮮人だ。と言われているようです。

 

 

ですので実際に韓国から帰化したという事実はありませんし、日本人であると思われます。

 

 

 

 

 

 

次に舛添要一さんと創価学会の関係について。

 

 

舛添要一さんと創価学会の関係についてですが、どうやら舛添要一さん自らが創価学会員であるということではないようです。

 

 

ではどんな関係があるかというと、舛添要一さんの妻が創価学会の幹部だといううわさがあるのです。

 

 

これは確かな情報ではありませんが、デヴィ夫人が「舛添要一さんの奥さんが大きな宗教団体の幹部らしい」と明かしたことが始まりでした。

 

 

この発言に、ネットでは大きな宗教団体といえば創価学会で間違いないという結論に至りました。

 

 

そのため舛添要一さんの妻が創価学会の幹部であるといううわさが広がったようです。

 

 

舛添要一さん自身が創価学会に関係しているわけではなさそうですが、現在の奥さんが関係していたということのようですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

次に舛添要一さんの婚外子騒動と女性スキャンダルについて。

 

 

実は舛添要一さんの現在の奥さんは3人目の奥さんであり、離婚を二回しています。

 

 

そして、最初の奥さんと二人目の奥さん(片山さつきさん)との間には子供はいなく、現在の奥さんとの間に二人の子供を設けています。

 

 

しかし、舛添要一さんは5人の子供の父親だと言われています。

 

 

どういうことかといいますと、愛人との間に3人の子供がいるというのです。

 

 

つまり、法的に婚姻関係のない女性との間の子供「婚外子」であるということです。

 

 

政治家である舛添要一さんに愛人、婚外子がいるということだけで女性スキャンダルであり、イメージダウンは避けられません。

 

 

しかし、それに加えて愛人との間に設けた、障害がある婚外子の養育費の減額を元愛人に求めたというのです。

 

 

その結果、養育費減額を求めて家庭裁判所で争われることになったと言われています。

 

 

これはちょっとなあー。という感じですよね。

 

 

元厚生労働相であり、これから東京都知事になろうとする方がこれだけ女性スキャンダルがあるとイメージはよくありませんよね。

 

 

そんなこともあって、女性の敵ともいえる舛添要一さんの東京都知事選当選を防ぐために「舛添要一を都知事にしたくない女たちの会」というものまで設立されることなりました。

 

 

どうやら舛添要一さんは婚外子の女性スキャンダルだけではなく、女性に対して度々失礼な発言・女性差別ともとれる発言を繰り返していたようです。

 

 

過激なものもあるためその発言の紹介はやめますが、確かに女性差別いっても仕方がない発言をしていますね。

 

 

 

政治家である以上、自分の発言に責任を持っていただきたいところですが・・・。

 

 

舛添要一さんが東京都知事になることに不安を覚える方がいるのも納得ですかね。

 

 

東京都知事になるということで心機一転がんばっていただければ幸いなのですが・・・。

 

 

これに期待するしかないでしょう!

 

 

 

それでは今回はここまでにします!

 

 

これからの舛添要一さんに注目していきましょう!

Error: Suspended
LINEで送る

スポンサードリンク
This entry was posted in 政治家. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">