鹿賀丈史が嫁と離婚?息子はいる?市村正親との関係は!病気で吐血した?

スポンサードリンク
LINEで送る

 

現在、俳優として活躍されている鹿賀丈史さん。

 

低音で心に響く独特な声をお持ちです。

 

 

d2b4ad61

 

 

今回は渋みのある二枚目俳優の鹿賀丈史さんについていろいろ調べてみました。 

 

 

 

 

鹿賀 丈史(かが たけし)さん。

本名は勝田 薫且(かつた しげかつ)。

1950年10月12日石川県金沢市に生まれ、父は洋服の仕立て屋、母は北陸一のゴム風船屋の裕福な家庭で育ちました。9歳から中学校2年まで少年合唱団に所属。

 

高校は石川県立金沢二水高等学校。もちろん合唱部へ入部。同校は二大合唱コンクールとも呼ばれる「NHK合唱コンクール」や「全日本合唱コンクール」にて上位入選の常連校。

 

そこでテノール、指揮者として活躍をしていました。強豪校で指揮者を務めるほどの周囲とは逸脱した才能はこの頃からすでにあったのですね。

 

 

鹿賀丈史さんのおさん、奥さまはこの高校時代の同級生。高校2年生の頃編入されてきたそうです。

 

 

さんは容姿端麗でクラスではマドンナ的存在。

 

キャビンアテンダントとして勤務した後、鹿賀丈史さんと結婚されました

 

 

鹿賀さんも頭が良く、ユーモアたっぷりでクラスでは人気者だったそう。

 

 

クラスで人気者同士の素敵な結婚をされた鹿賀さんですが、ネット上で「離婚」のうわさが。

 

いろいろ調べてみましたが、互いに申し分ない相手ですもの、現時点では離婚はないようです。

 

 

離婚することなく、奥様と生涯にわたって添い遂げてほしいですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

次に息子についてですが、どうやら子供は30歳代(2014年現在)になる息子さんが一人いるようです。

 

 

鹿賀丈史さんの息子さんですから二枚目のような気がしますね。

 

 

息子さんは俳優などではなく、一般の方のようです。

 

 

 

 

 高校卒業後の経歴に戻りますと、クラシックの声楽家を志し、東京音楽大学などを目指していた浪人中に友人に勧められ一緒に劇団四季のオーディションを受け、見事合格。

 

 

1972年入団。「鹿賀丈史」という芸名は、同劇団代表の浅利慶太さんが名づけました。現在、俳優と声優業を中心に活躍されています。

 

 

 2014年は俳優の市村正規さんとダブルキャストで名作『オペラ座の怪人』のその後を描くミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ』が3月12日(水)に東京・日生劇場で開幕。

 

 

ふたりは40年前、ともにロイド=ウェバーの『ジーザス・クライスト=スーパー・スター』でデビューを飾っている。市村は「丈史は、見ればわかるとおり歌を歌うための骨格をしている。僕は丈史が歌っているのを見て、うらやましいなと思いながら脇で足を上げてました(笑)。40年来のつきあいのふたりがこうして同じ役を演じるというのは、やはり運命を感じます」と感慨深げ。一方の鹿賀は「僕も同じ役を演じることになるとは思ってなかった。でも、おそらく全く違うものになると思います。いっちゃんの声質から出てくるファントムと僕のファントム。同じ扮装をしていても違ったファントムになる。そこをお楽しみいただけたら」とアピールした。

(朝日新聞デジタルより引用)

 

40年間、日本のミュージカル界を牽引してきた個性の強い鹿賀丈史さんと市村正親さんのBIG2がダブルキャストという大仕掛け。

 

今年の人気ミュージカル1位2位を争うのは間違いないでしょう。

 

 

気になる方はぜひ!生で鹿賀丈史さんと市村正親さんの共演を見てみてくださいね!

 

 

 

 

 

最後に病気についてです。

 

 

1990年1月21日、ミュージカル『レ・ミゼラブル』終演後、マロリー・ワイス症候群という病気のため楽屋吐血し、緊急入院をしたことがありました。

 

 

今回は病気などで体調を崩すことなく、千秋楽まですばらしい舞台を見せてくれるといいですね。

 

 

それでは今回はここまでにします!

 

 

これからも鹿賀丈史さんを応援していきましょう!(^◇^)

Error: Suspended
LINEで送る

スポンサードリンク
This entry was posted in 俳優. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">